ガソリンスタンドの業務で活かせる資格について

セルフ式には優遇!危険物取扱者

ガソリンスタンドでは、ガソリンや灯油、軽油などを扱いますので、危険物取扱者の資格が重視されています。危険物取扱者の資格には、様々な種類がありますが、特にガソリンや灯油などの一般的な引火性液体を取扱う場合は、乙種4類という種類の資格が優遇されていますよ。ガソリンスタンドで給油を実際に行えるスタッフとしても働けますし、セルフ式のガソリンスタンドの場合でも立会者として在籍することでその資格をフルに活かすことが可能です。

関連サービスで活かせる!自動車整備士

ガソリンスタンドという業種にも多様化が必要な時代となっています。ガソリンを給油するだけでなく、自動車の整備サービスを提供しているケースも増えており、そのような業態のガソリンスタンドには、自動車整備士の資格保有者が必要となります。最近は自動車の整備工場が併設されたガソリンスタンドも珍しくはなく、整備工場として運営するためには自動車整備士が必須になるのです。整備士の資格を持っていると、工場だけでなく、ガソリンスタンドで働けるというメリットがありますよ。

車検サービスにも使える!自動車検査士

ガソリンスタンドの中には、自動車に関する様々なサービスを展開している場合が多いですよね。保険やクレジットカードなどもありますが、車検サービスもそのうちの一つです。いつも利用しているガソリンスタンドで車検も依頼することができるとあれば、気軽に利用することが出来ますし、ガソリンの割引サービスが受けられる場合もありますよ。その際に活かせる資格としては、自動車検査員という資格があり、この資格を持っているスタッフが在籍していると、即日車検のサービスも利用することができ、メリットが大きいです。

ガソリンスタンドでのバイト求人応募方法は、ネットの求人サイトでの募集、雑誌の求人募集、ハローワークでの求人の他に、店舗での貼紙募集や新聞チラシなどの募集もあります。